アラサーになって気づいた目の下のクマとシワ

アラサーになりましたが、そんなことも関係なく、しごとに追いまわされる毎日ですが、、、
ある時、何気なくのぞいた鏡を前にしてひっくり返り沿うになったのです(゚o゚;;

目の下の濃いクマに、数えきれないほどの細かいシワが映っていて、今の自分がどういう状態にあるのか形にして見せられたように感じました。

この日から、私の心境に変化が生まれたのです!!

どれ程疲れていようが、家に帰ったら面倒がって洗顔すらできないまま朝まで眠ってしまったりせず、するべきケアをちゃんとして、肌のためにできることをして、シワの増加を防いで、これ以上老け顔に見えないようにしよう、と心に誓いました。

美白にきくプラセンタ

各種の美白成分の中でも、シミに対して効くのがプラセンタです。

シミの原因ともなるメラニンの生成を抑えるというありがたい活躍をしてくれるのです。

そして、美肌に欠かせない成長分子を持っているため、細胞の入れ替わりが活発になり、古い角質だけでなくシミも一気にはがれやすくしてくれるのです。

健康な身体になくてはならない成分のコラーゲンの生成を高める効果もありますから、美肌ケアとしていいですね。女性にとっては言うことなしです。

摩擦による刺激はお肌にとって大敵だということは充分わかっているつもりです。知ってはいながら、つい手加減なしにメイク落としをしてみたり、顔を洗ってみたり、クリームを塗る際にも、強めの力で使用してしまったりしているんです。

メイクを落とす時には、メイク汚れを浮かせるようなイメージでソフトに化粧となじませ、指の腹を使って、優しく優しくを心がけるのがよいのだ沿うです。

なんにせよ、強い力は不要であることを念頭において、無駄な摩擦を避け、優しく小さな円を描くようなやり方で!以上がスキンケアの理想形ですが、実際は、ついそれを忘れて無駄な力を入れてしまい、お肌に摩擦刺激を与えてしまうのです。

厳しい夏が終わった秋口から冬にかけてと時節の変わり目には、くれぐれも肌の乾燥には気を付けたいものです。

乾燥対策でオイルケア

油断していると乾燥に弱い目の周りの薄い皮膚のあたりなど、細かいシワでいっぱいになり、乾燥があまりに進み、赤く腫れたようになったこともあります。

こんな乾燥注意な時期、大事な肌を守るためのスキンケアは相当念入りにすることにしていますが、最近になって、化粧水や乳液など基本セットの他に美容(お金と時間がかかってしまいますが、かけただけの成果は出ることが多いものです)オイルも以前から興味(色々なことに持てるのはとてもいいことだといわれていますね)があったので使うことにしました。

オイルも種類があって少しはまり沿うなのですが少し前まではホホバオイル、今はココナッツオイルを使ってます。

肌のハリが失われ、シミも増えたしシワも深まるし、などと鏡の中の顔をつくづく見ながら思うようになったら、三食毎日摂取するご飯の内容を見直し、変えてみることをお勧めします。

ご飯の内容が変わると、肌の調子もだいぶ違ってくることがわかるでしょう。

そして、シワ、シミなど肌トラブルの改善も期待したいところです。
私たちの身体は毎日のご飯によって保たれていて、意外と短いサイクルで全身の細胞が入れ替わっていますからね!!

これは、家できちんと行なえる、最強のアンチエイジング法です。

何らかの効果は必ずありますから、それが肌に表れるのを楽しみに待ちましょう。

カテキンとビタミンCの関係

緑が鮮やかな緑茶は、カテキン含有量が多いことで知られています。

カテキンは、ビタミンCの減少を防いでビタミンCの力を十分発揮指せる作用があるのです。

活き活きした白い肌を保つために有効なビタミンCをたくさん摂りたいところなので、カテキンとビタミンCの両方を同時に摂ることができれば、お肌の新陳代謝を活発にし、メラニン色素が沈着することを抑制する効果があります。

毎日2リットルの水分補給は全身の代謝を促進すると言われます。

お肌のためにも、十分水を摂らなくてはならないでしょう。

水分が不足するとお肌の血行も悪くなり、老廃物がお肌にたまるので、黄ぐすみの原因になるのです。それだけでなく、肌の乾燥を招くことで、お顔にシワやほうれい線も増加していくのです。

ぜひ、水分を欠かさない生活習慣を保って頂戴。

シミがお肌にできるのは、年齢もありますし、紫外線によるものが主な原因ですが、いろいろな病気がシミの原因だっ立ということもあります。

万が一、突然日増しにシミが目立つようになってき立とすれば、何かの病気にかかるのかも知れませんし、すでに病気になっている可能性もありますので、早急にクリニックへ診察を受けに行って頂戴。

違いが出やすい目の下

肌を見ると、その人の年齢がなんとなくわかる気がします。肌ではナカナカサバは読めません。

わかりやすいのは、目の下でしょう。
この部分は細かいシワが出ますし、クマも出て、これがナカナカ消えません。

そんなこんなで年齢が進むに従い、この部位についての悩みをもつ人は、増える傾向にあります。

そして肌のつややかさや張りが加齢を原因として消えていくと、お肌がしぼんでいき、しぼんだ分だけシワとなってしまいます。

此処では顔だけを見てみますが、シワの悩みで多い部位は目の周り、特に目尻や目の下あたり、それから眉間とほうれい線といっ立ところでしょうか。

皮膚にシワができる原因というのはさまざまあるのですが、原因の一番大きなものとされているのが、乾燥です。

肌が水分不足になってしまうと、乾燥状態になり、これがシワの発生につながるのです。

例えば目じりですが、ここは皮脂の分泌が少ない部分となっており皮膚が乾燥すると、その影響をすぐに受けしまい、こうしてこの場所にいち早く、小ジワが出現してしまうのです。
また、加齢による自然な現象なのですが、皮膚の張りのための大事な構成成分・コラーゲンやヒアルロン酸が足りなくなっていくので、シワ、たるみは加齢によっても増えていく所以です。「ポリフェノール」は美肌効果をもたらす成分として、注目されています。
代表的な特長がその「抗酸化作用」です。体にとってはあまりよくない活性酸素の働きを抑制して、お肌にシミができるのを防いだり、いつの間にかできていたシミを改善してくれます。

喜ばしいばかりの結果をもたらしてくれるポリフェノール。それ自体は素晴らしいのですが、欠点をあげるなら、その効果が発揮することができるのは3時間から4時間と短いことです。

ですから、美肌のためにいいタイミングで摂取するのがオススメです。

女性の身体は、出産後しばらくの期間、妊娠中の状態とまったく異なり、ホルモンバランスも大聞く変化するため、各種のトラブルが起こるようです。

シワ、肌荒れ等の肌トラブルもよく目立つために、悩む人は多いです。

妊娠中体内で働いていた女性ホルモン、エストロゲンやプロゲステロンの分泌が出産を終えたことで急に減り、これに加えてストレス(過剰に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)の影響もあり、肌のバリア機能が弱って簡単に乾燥します。

乾燥して荒れてしまうと敏感肌にもなりやすいので、できれば無添加で低刺激の基礎化粧品を使って保湿に重点を置いたスキンケアを続けるのが良いようです。

数多くのシミが肌にあると、本当の年齢よりも年上に見られがちなものです。

年齢を重ねるにつれて、肌の回復する力が弱まり、日焼けに対して油断ができなくなるのですから、日焼けに対してさらに警戒した方がいいでしょう。
日差しを遮るような帽子、または日焼け止めなどで紫外線を浴びるのを防ぐのに加え、ビタミンCの多い野菜や果物を、意欲的に摂りましょう。顏にいつの間にか増えてしまったシワについてはきれいさっぱり消し去ってしまいたいものです。

シワの原因

シワの原因はさまざまありますが、要するに老化現象の一種であり、また紫外線も大聞く影響しています。

シワができるのをなるべく防ぐため、日焼け止めをし、日傘、帽子などで紫外線カットします。
夏のみならず、一年中行なうようにし、日焼けしてしまったら、日を置かずに焼けた肌のケアをします。

冷やして熱をとり、化粧水、美容(お金と時間がかかってしまいますが、かけただけの成果は出ることが多いものです)液などを使ってしっかり保湿をし、シミ、シワ、乾燥を防ぐようにします。こういう予防、ケアを積み重ねることが、結果としてはアンチエイジングになっていきます。

肌のくすみを改善したい方は顔の洗い方で改善する可能性があるでしょう。
透明感のなさの原因は「角栓(鼻にできるものが一番目立ちますよね)」。

毛穴にたまっていませんか?肌の生まれ変わりを妨げるような生活をしていると、古い角質はいつまでも剥がれません。明るい肌造りの洗顔ポイントは、熱すぎないお湯を使って、洗顔料は肌のうるおいに欠かせない保湿成分の入ったものできめ細かい泡をたてて洗います。

ピーリング石鹸を週一回くらいの割合で使うととても効果が期待ができますよ^^b

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする