家庭で脱毛する場合のポイント

医療脱毛と言えども、施術を受けるときは、事前に処理しておくべきです。
ムダ毛の自己処理が行なわれていないと施術不可能ですので、長さをカウンセリングで指定されたように自分で脱毛するようにしましょう。

施術の前日には行なわず、数日前に処理することで、お肌のトラブルが施術した後に生じづらくなるはずです。

家庭用脱毛器選びのポイント

家庭で脱毛をするときに使用する脱毛器は、種類がイロイロなので、自分の好みのデザインや使用頻度などに合わせて脱毛器を購入した方が失敗しなくてすむかも知れません。

脱毛器の中には顔の産毛やVラインなどのアンダーヘアを処理できるものもあるでしょうし、お肌をきれいにする作用もあるものも売られています。

小さく軽いものから大きくて重いものまで色々ですし、電池がいらない脱毛器もあれば、反対に電池がいるものまで色々あるでしょうが、時間を気にしないで脱毛したいなら、コンセントタイプの直接充電できるタイプがいいですね。

埋もれ毛のリスクについて

自分でカミソリなどで無駄な毛を剃ったりすると、たくさん埋もれ毛になってしまったりしますよね。
こういった場合、どうにかしてやろうとがんばってみたりしますが、痕が残り、傷のできた肌に絶望することになるでしょう。

埋もれた毛の対策としては、レーザー・光等の脱毛処理をしてもらったり、簡単に手に入るスクラブやピーリングなんかを使用してあくまでじわじわと抜けるのを待つことが結果的に良いのではないか、と感じます。

ほったらかしにしてしまうと、色素が沈着したりすることもあるでしょうし、自らムダ毛の処理をしていると、大半のケースでは肌が一部黒ずんでしまいます。

ある一か所のみ黒ずみが出てしまうと、肌にゴミが付いているようにみえてしまうので、きちんとした脱毛方法を選択するようにしましょうね。

もし、起きてしまった色素沈着の対応には、光を使った脱毛をおこない、肌を修復させる方法を受けるといいかも知れません。

フラッシュ脱毛の特徴は?

フラッシュ脱毛とは光脱毛とも呼ばれていて、エステの脱毛コースに加えて脱毛サロンでも主に使われている方法です。

肌に特殊な光を照射して、肌の奥のムダ毛を作り出す発毛組織に働聴かけダメージを与え光脱毛器は家庭用のものもあるでしょうから、おうちで光脱毛することも可能です。

痛みについて言えば、レーザー脱毛より少ないですし、産毛のような薄い色の毛にも反応するのが特性なのです。

各種家庭用脱毛器の特徴

ソイエ、アミューレなどの脱毛器を選ぶことで、泡脱毛が可能です。

ムダ毛を泡で包み込むので、肌にかかる負担はグッと軽減され、なるべく痛くない処理ができるのです。

持ちろん、どの部位でも可能という所以ではありません。

ムダ毛を引っこ抜くため、痛いのが苦手、という人にはあまりおすすめできません。

ちなみに、処理後にはほとんどの人が肌が赤くなるそうです(゚o゚;;

脱毛器はお手頃価格の1万円程度の製品もあれば、10万前後の脱毛器があるでしょうから、上下の幅は広いです。

では、価格が高いほど高性能かというと、メーカーの知名度や付属品の数、強気の価格設定などによっても違いますから一概には言えません。
でも、その中でも言えることは、安物は値段相応の性能であることがあると覚悟しておくべきでしょう。

不必要な機能は要らないのと同様、効果のない脱毛器も困ります。
安くて役にたたないものを買うくらいなら安易に購入しないほうが良いです。

使用経験者の感想を集めたサイトなどでよく調べてから判断するようにしましょう。

まだどんな脱毛器を使おうか決まっていない方におススメしたいのは、光脱毛方式のもの。
出力調整できるから比較的どなたにでも合うという利点があるでしょう。

熱線カッターで毛を焼き切る方式や、抜くタイプのものなどはその性質上、肌への負荷を考慮しなければいけないでしょう。

脱毛後、かならず再発毛します。
その点、光脱毛タイプは一般的な脱毛サロンと同じ方式で肌質や体質に合わせた脱毛ができるでしょう。

サロンと同等かというと、そこはプロと素人の差があるのは否めませんが、ほかの方式と違って、生えてくる毛を減らす事が出来るでしょう。
肌に当てる光の強弱は調整できるので、ちくちく感や痛みを軽くする事が出来て、脱毛後の不快感がなくて済むのです。

家庭用脱毛器LAVIEは、IPL脱毛方式です。

IPL光というのは、シミやソバカスなど肌のメラニン色素(メラニンとも呼ばれ、動植物や原生動物の体内で合成される色素をいいます)に作用するため、以前からフェイシャルエステなどで使用されていました。
出力を1?7レベルと細かくコントロールできるので、ユーザーの好みに合わせやすいという評価を得ています。カートリッジを交換するとフェイシャルエステ器としても使えます。

ミドルクラスの価格帯の商品ですが、満足感が得られ立という感想が多く寄せられていて、メーカーサイトではなくamazonや楽天などでは、さらにお得な価格で購入できるでしょう。

美顔カートリッジを購入した人のほうが満足度も高いので、あわせて購入対象として検討してみてはどうでしょう。

美顔のことばかり書きましたが、ラヴィはデリケートな部位や毛の濃い部位にも対応しているため、脱毛サロンなどに通わなくても、ラヴィならデリケートゾーンの脱毛にも対応しており、とくに毛深い方、剛毛だった方はユーザーレビューで、「いままでの機種とちがう」、「使える」といった高い評価をしています。

TVコマーシャルでブレイクした「ノーノーヘア」は、ムダ毛に熱を伝えて処理するサーミコン方式の脱毛器です。

除毛ですが、家電比較サイト等では脱毛器と一緒にカテゴリー分けされています。
光脱毛方式とちがうのは刺激を与えるのが肌ではなく毛という点で、肌にダメージを与えにくいというのがウリのようです。

毛を挟んで熱を伝えて焼き切るので、処理後の毛のちくちく感はないですが、処理している最中は、毛の焦げるニオイがします(※お肌にニオイが残ることはありません)。

CMをするくらいですから、誰でも気軽に手にとりやすいスタイリッシュなデザインで、大きさも脱毛器とは思えないほどスッキリ小さめ。

ただ、クチコミを見ていると、数々の感想の中で「効果を感じない」というのが光脱毛タイプとくらべると多いですね。
ただ、発毛サイクルごとにこまめに使用していけば、ムダ毛が減っ立という意見もあるでしょう。

自分の求める効果がどんなものか考慮した上で選べば、それなりに効果が得られるのかも知れません。

家庭用脱毛器として販売されているものの中には、ほとんどの商品がカートリッジ交換必須ですから、買う時に気をつけなくてはならないでしょう。
ランニングコストを無視して購入するとムダ毛の脱毛が困難になります。

けれども、カートリッジを交換する必要の無い脱毛器が利点が多いのかと問われると、結局は本体を交換しなくてはならないので、何度も使用することで金銭面で損だと考えられます。

自宅用の脱毛器の難点は入手時に少なくないコストを負わなければいけないことと並んで、用いる際にいろいろと注意が必要になることでしょう。

もし、脱毛サロンなどが行っているプロモーションに基づく価格が分かると自宅用の脱毛器のために支払う金額が大きいという感覚が生じる場合があるでしょう。

そして、現実に自分のものにし立ときでも、思い描いていた以上に使用時の配慮が求められたり、ヒリヒリする感じが生じたりして、使用を控えてしまう事態になることも少なくありません。

不人気な脱毛器にはそれなりの理由があるものですが、だからといって人気の高い脱毛器がそれゆえに効果が高いかというと、そうでもありません。
知名度の高い芸能人を利用したCMや、モデルや女優さんのブログなどで売り上げを伸ばしているケースもあるでしょうし、クチコミサイトで確認してみたらセールストークとは裏腹に、惨々な評価が入っていることも多いのです。

選ぶなら、知名度や販売台数ではなく、効果の高いもので自分に合ったものを選ぶことをおすすめします。
販売側に有利な広告だけで選んでしまうのは、後悔を招くだけだと思います。

ツーピーエスはおみせ並みの光脱毛が自宅で出来るIPL脱毛器で、高いパワー性能でおみせに行かなくてもアンダーヘア脱毛ができるでしょう。美肌ケア用のカートリッジ(別売)を使えば美肌効果が得られる点も魅力です。

高性能のカートリッジは13万回以上の照射が可能で、1発0.05円なので、リーズナブルなコストで全身脱毛できるでしょう。あまりにお得なカートリッジのため、他機種で使用したいと考える人もいるのか通販サイトでは「他の脱毛器では使えません」と書かれていることもあるでしょう。ハイパワーの1ショットもできるでしょうし、肌に合わせて出力を8段階に調節できるのも良いですね。ケノンという脱毛器があるでしょう。

楽天市場の脱毛器ランキングで160週間もの間、1位をキープしつづけています。
国産なので外国製品にありがちな初期不良もありませんし、コストパフォーマンスが高く、光の当たる範囲を広くして施術の手間を減らしたり、狭くして細かな部位に対応することも可能です。

充電式だとかさばって重たくなるためコンセント式なのでコンパクトな本体は手にフィットして、使いやすさを考慮した設計です。
この機種ならではの超強力な「ワンショット」と速効の「6連射」が選べて短時間での脱毛ができるでしょうし、照射面積の調整が出来るから、脱毛できる箇所がこれ1台でおもったより多いのも、売れている理由のひとつでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする